時間差でnodeを立ち上げたい

http://wiki.ros.org/ira_laser_tools

例えば上記パッケージの laserscan_multi_merger は複数のscanトピックを組み合わせて1つのscanトピックを吐き出してくれるnodeです。このnodeは起動時にトピックを全て取得して、laserscan_topics で設定した名前と一致していたトピックを組み合わせ用に使用しています。

しかし、組み合わせ用のトピックの取得は起動時にしか選択されないため、このnodeが立ち上がった後に起動されたscanトピックは反映されません。(記事執筆当時)

そのため、全てのscanトピックが立ち上がってからnode起動をしたい、というニーズが発生します。(もちろんコードを修正する形でも良い)

launch-prefixを用いる方法

  • Set delay between starting nodes within launch file

https://answers.ros.org/question/233353/set-delay-between-starting-nodes-within-launch-file/

上記の回答を参考にさせていただきました。

  <arg name="node_start_delay" default="5.0" />
  <node pkg="ira_laser_tools" name="laserscan_multi_merger" type="laserscan_multi_merger" output="screen" launch-prefix="bash -c 'sleep $(arg node_start_delay); $0 $@' ">
    <param name="destination_frame" value="/base_link"/>
    <param name="cloud_destination_topic" value="/merged_cloud"/>
    <param name="scan_destination_topic" value="/scan_multi"/>
    <param name="laserscan_topics" value ="/scan_left /scan_front /scan_right" />

    <param name="angle_min" value="-3.14"/>
    <param name="angle_max" value="3.14"/>
    <param name="angle_increment" value="0.0058"/>
    <param name="scan_time" value="0.0333333"/>
    <param name="range_min" value="0.30"/>
    <param name="range_max" value="50.0"/>
  </node>

 このように、launch-prefixを用いてbashコマンドを実行して、sleepしてしまうという手法で、ハック的なところがありますが、上記の例ではlaunchファイルが起動してから5秒後に laserscan_multi_mergerノードが立ち上がるため、無事に全てのscanをsubscribeすることができました。

Ros

Related Posts

roslaunchでrospy.loginfoでの出力が表示されない場合の対応策
roslaunchでrospy.loginfoでの出力が表示されない場合の対応策
roslaunchで起動したときに、rospy.loginfoで出力しても表示されない場合は下記のように--screenオプションをつけましょう。 コマンドラインで実行する場合 roslaunch your_package your_...
Read More
ArduinoのpulseInで割り込み処理ができるようにする
ArduinoのpulseInで割り込み処理ができるようにする
概要 超音波センサーHC-SR04等を用いてArduinoで距離計測を行いたいときに、Trigピンで超音波を発生させた後にEchoピンで、超音波が反射されてくるまでの時間を計測することで距離を計測できます。その際、pulseInという...
Read More
Arduino IDEのインストール方法と使い方
Arduino IDEのインストール方法と使い方
概要 Arduinoは入出力ポートを備えたマイコンボードで、ソースコードを書くことで、さまざまなハードウェアを制御することができます。 ソースコードを開発・ボードに書き込むためには開発環境であるArduino IDEのインストールが必...
Read More